Nature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する【まとめ】

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

こんばんは、管理人のケイです(^^)/

8月から運用実験していた「Nature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する」を、管理人の部屋で、正式導入することに決めました。

スマートリモコンNature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する運用実験を開始しました。

運用実験中に、あったことを、まとめておきますネ。

概要

「Nature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する」というのは、

  1. Nature Remoの人感センサーで、30分以上、人の反応が無い場合、
  2. ひも付き天井照明を自動消灯する

というものです。方法は、以下の記事にまとめてあります。

スマートリモコンNature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する運用実験を開始しました。

メリット

Nature Remoの人感センサーで、天井照明を自動消灯すると、以下のメリットがあります。

  • うたた寝してしまった時に、自動で天井照明が消えている
  • 天井照明を、消し忘れて外出した時に、自動で消えている
  • 酔っぱらって帰ってきて、寝てしまった時に、自動で天井照明が消えている

もちろん、机で勉強している時は、天井照明は消えません。

気になった点

気になった点は以下のとおりです。

  • 布団で横になって、タブレットを見ている時、天井照明が消えてしまう

布団で横になって、タブレットを見ている時、天井照明が消えてしまう

「布団で横になって、タブレットを見ている」=「その後、寝てしまう」という人が、ほとんど?だと思うので、まぁいいのではないかと(^_^;)

なんかイマイチうまくいかない時

運用実験中に、『なんかイマイチうまくいかないなぁ』という時がありました。具体的にいうと以下になります。

  • 人がいないのに、人感センサーが反応してしまう時がある

そんな時は、調整して、うまく作動するようになりました。以下、調整した方法です。

人がいないのに、人感センサーが反応してしまう時がある

運用していた時、人がいないのに、人感センサーが反応した時がありました。

そんな時は、扇風機・エアコンの風が、Nature Remoにあたっていないか、確認してください。

人がいないのにスマートリモコンNature Remoの人感センサーが反応してしまうとお悩みの方は、いませんか?そんな時は、扇風機やエアコンの風が、Nature Remoに当たっていないか確認してみてください。

Nature Remoの人感センサーの仕組み

Nature Remoの人感センサーの仕組みってどうなっているんだろう? 何を検知して、「人のいる・いない」を判断しているのだろう? と思いませんか?

というか、管理人が思ったので、調査してみました。詳しくは以下の記事をどうぞ。

Nature Remoの人感センサーは、何を検知して「人がいる・いないの判断」をしているのだろう……「動く熱源」を検知しているか……。4つのテストを実施し、結果をまとめました。

いろいろ気が付いたこと

運用実験中に、いろいろと気が付いたことがありました。

管理人の部屋で、スマートリモコンNature Remoの人感センサーを使って、ひも付き天井照明を自動消灯する運用実験中に、簡易版の侵入検知機が可能なことに気が付きました
Nature Remoの人感センサーの反応が、イマイチだなぁ…という時は、「天面」から赤外線がでていることを意識して、位置を変えてみてください。

課題

Nature Remoがよくはがれてしまいます。「なげしフック」などを試したりしていますが、まだよい方法が見つかっていません。

見つかったらご報告しますね。

半年かかって、ボクの部屋で、Nature Remoを設置するベストな場所・方法をみつけたので、そのご報告です。よかったら参考にしてください。

半年かかって、管理人の書斎となっている和室に、Nature Remoを設置するベストな場所・方法をみつけたので、そのご報告です。

まとめ

今日は、8月から運用実験していた「Nature Remoの人感センサーで、ひも付き天井照明を自動消灯する」を、正式導入したので、これまでの「まとめ記事」をお伝えしました。

酔っぱらって、照明をつけたまま寝てしまう事がよくあるので、すっごく便利です(#^^#)

それでは!