Nature Remoの設置場所・方法に困っていませんか?

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは!

Nature Remoの設置場所・方法に、ずっと、困っていた管理人ケイです(^^)/

半年かかって、管理人の書斎となっている和室に、Nature Remoを設置するベストな場所・方法をみつけたので、そのご報告です。

今までは、ガムテープを裏に貼って、柱に貼り付けるなどして、設置していましたが、すぐにはがれてしまって困っていました(+o+)。

この設置方法で、今では、快適に使っているので、今日は、皆さんにそのご紹介をしますね。

設置の様子

設置に必要だったのは、、、

100均ショップの「ワイヤネット」1個と、、、


「なげしフック」×2個です、、、


なので、合計300円で設置することができました。

管理人の場合、Nature Remoの人感センサーを使って、天井照明の自動消灯を行っています。なので、ある一定の高さ・傾きを保つ必要があります。

それも可能です。

位置の微調整が、可能なこともポイントです。たとえば、、、

高さの位置も、、、


横の位置も、、、

自由自在です。

これで、管理人は運用中です。

1階のリビングで使っているNature Remo miniも試してみました。

やや傾くことがありますが、ほぼOKです。

ちょっと味気ないので、今度なにか飾って、ご報告しますネ。

最後に、Nauter Remoの設置場所に半年ほど悩んだ、管理人の試行錯誤の履歴をご紹介します。

スマートリモコンNauter Remoの人感センサーの感知がイマイチだったので、Remoを斜めに傾けて、設置してみました。うまく作動してます。そのご報告です。
柱や壁に付けたNature Remoが、はがれてしまう時には「なげしフック」を利用してみてはいかがでしょうか?
Nature Remoを高さ180cmの場所に設置したところ、人感センサーがうまく機能しません。なので人の目線ぐらい(=150cm)に調整してみました。
Nature Remoの人感センサーの反応が、イマイチだなぁ…という時は、「天面」から赤外線がでていることを意識して、位置を変えてみてください。

それでは!

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません