ラトックの家電リモコンを使って、IFTTTで、GPS連動させるにはどうすればいいの?

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


ラトックシステム社の家電リモコン(RS-WFIREX3・4)で、IFTTTを使って、GPS連動で家電を操作する方法は、みなさんわかりますか?

IFTTTアプレットの「家に近づいたら」「家から離れたら」という、This(トリガー=起動するきっかけ)条件部分に、「Location」Webサービスを使って、僕は実現しています。

ということで、『GPS連動で家電操作するには、どうやればいいんだろう?』と、困っている人は参考にしてくださいね。

ちなみに、2019年2月25日現在で、ラトックシステム社さんで、GPS連動で用意してくれているのは、「自宅到着前にエアコンをオン」だけです。

ただいま、Android8.0以降のスマホでは、GPS連動での家電操作に信頼性がおけない状況が発生しています! ご注意ください。

Android8.0以降のスマホでは、GPS連動を利用した家電操作が、できない時があることをご存じでしょうか?

ボクがやったGPS連動での家電操作


ボクがやったGPS連動での家電操作は、以下の2つです。

  • 家に近づいたら、天井照明をオン
  • 家から離れたら、エアコンをオフ

結果は、OKでした。

検証はつづけていきますので、なにかあればまたご報告しますネ。

IFTTTが初めての人

IFTTT(=イフト)が、初めての人がいると思います。

なので、初めての人はラトックシステム社さんで用意してくれているWebマニュアルをみてくださいね→ラトックシステム Webマニュアル(IFTTTの設定)

アプレットの作り方を簡単に紹介

では、IFTTTアプレットの作り方を、簡単にご紹介しておきますネ。

This条件部分



「家に近づいたら」「家から離れたら」という、This(トリガー=起動するきっかけ)条件部分には、「Location」Webサービスを使っています。

スマホからでは住所入力がうまくできなかった記憶があったので、パソコンから行いました。

「家に近づいたら」の場合は、「You enter an area」を選びました。

「家から離れたら」の場合は、「You exit an area」を選びました。

Taht実行部分



「天井照明をオン」「エアコンをオフ」というTaht実行部分には、ラトックシステム社さんが用意しているものを使います。

実行結果


で、実行結果がこちら

結果は、OKでした。

検証はつづけていきますので、なにかあればまたご報告しますネ。

まとめ

ということで、『ラトックシステム社の家電リモコン(RS-WFIREX3・4)で、GPS連動で家電操作するには、どうやればいいんだろう?』と、困っている人もいるかと思ったので、簡単にまとめてみました。

それでは!


よろしければ、以下の記事もどうぞ(^_-)-☆

ラトックシステム社のスマートリモコン RS-WFIREX3・4が、IFTTT対応になりました! ところで、このIFTTT対応したなかで、あなたは、具体的に何がしたいですか?
TP-LINK社のスマートプラグ(HS105)とデスクスタンドを使って、家から離れたら、机の電気を自動消灯するようにしてみました。