オーム社の「電機器具専用のリモコン コンセント」へ「電源タップ」の差し込み接続は不可です

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

オーム電機の「電機器具専用のリモコン コンセント」へ「電源タップ」の差し込み接続をしたい!と思いませんか?

残念ながら、最大800Wの「電機器具専用のリモコン コンセント」へ、最大1500Wの「電源タップ」を差し込み接続することはできません。電気火災になります。

今日はそのお話をしますね。

このページの目次

思ったきっかけ

2018年7月29日現在、技適マークとPSEマークをクリアした電源タップが発売されていません。

スマートスピーカー&スマートリモコンと連携させると、電源タップを声で操作できて、すっごく便利になります。

でも家電量販店で販売されていません。

Amazonで販売されている電源プラグが複数口のスマートコンセント。しかし、2018年7月18日現在、ビックカメラとヨドバシでは販売されていません。『なぜ』と思いませんか?

なので、オーム電機社の「電機器具専用のリモコン コンセント」に「電源タップ」を差し込めばいいのでは!と思ったわけです(゚Д゚)ノ

調査 & 結果

ということで、調査してみたわけです。しかし、電気容量の問題で不可能だとわかりました。

オーム電機社の「電機器具専用のリモコン コンセント」は、最大800W(ワット)。

一般的な「電源タップ」は、最大1500W(ワット)。ちなみに口数は関係ありません。

最大800W(ワット)の「電機器具専用のリモコン コンセント」に、最大1500W(ワット)の「電源タップ」を接続させると、アウトです。

電気は難しいので、水にたとえてみますネ。

「800ml」しか流せない水道口に、2倍ちかい「1500ml」の水が一気にきたら……破裂しますね(>_<)。

電気の場合は、あふれたら電気火災になる可能性があります(◎_◎;)

ちなみに電源タップは、電気火災の一因となっています(@_@;)

結論

オーム電機社の「電機器具専用のリモコン コンセント」と「電源タップ」を差し込んで使うことはできません。

最大800Wの「電機器具専用のリモコン コンセント」に、最大1500Wの「電源タップ」を差し込んで使うと電気火災になるからです。

まとめ

今日は「オーム電機社の「電機器具専用のリモコン コンセント」に「電源タップ」を差し込みたい!」というお話でした。

でも残念ですが、それは不可能だということがわかりました。

技適マークとPSEマークをクリアした電源タップが発売してほしいと思う管理人でした。

それでは!

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    消費電力が800W越えなければ問題ないと思います。

    • 管理人 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      オーム電機さんのお客様相談室へ確認をとったところ、「短期間の使用はできると思いますが、タコ足配線の分類になり、メーカーとしては、ご使用は控えてください。」とのことでした。

      ちなみに「プラグ/コンセントの接続部が増えると、発熱部位が多くなってしまい、発煙発火につながる恐れがある」そうです。