投資信託「投資のソムリエ」を、はじめるまでの概要をまとめたヨ

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


おはようございます。

ボクは先日、生まれて初めて、投資信託をはじめました。商品名は、4バランス均衡型の「投資のソムリエ」で、利回り4%です。購入金額は300万円。

みずほ銀行へ、約2ヶ月、合計3回通って、決めました。かかった時間は約5時間。さらに自分で勉強した時間は2時間程度です。

ということで、今日は、投資信託「投資のソムリエ」をはじめるまでの概要をまとめました。

『投資信託を、はじめようかな。でもどんな感じで、商品(=ファンド)を決めたり、申し込むのかな』という人の参考になれればと、思って記事を書きました。

なお、なぜボクが、投資信託を、はじめたのかは、こちらの記事にまとめてあります。

みずほ銀行へ行って、運用していく上で手間がかからないバランス型投資信託をはじめました。生まれてはじめての投資信託です。なので、はじめたワケをお話しします。

それでは、はじめます。

投資信託「投資のソムリエ」をはじめるまでに、必要になった時間

最初に、投資信託「投資のソムリエ」をはじめるまでに、ボクが、必要になった時間は以下の通りで、合計約7時間程度です。

  • みずほ銀行へ、約2ヶ月かけて、合計3回通う
  • みずほ銀行での、相談時間は、合計5時間程度
  • 通勤電車の中で、投資信託の冊子をみて勉強した時間は、合計2時間程度

では、この後は、時間軸で、どのようにすすんでいったのかを説明しますね。

1回目、みずほに相談


訪問1回目は、2019年12月初旬、自分の定期預金を今後、どうしたらいいのか、みずほ銀行へ行って、相談しました。

なぜ、みずほ銀行へ行ったかというと、みずほ銀行は、25年ちかく、お世話になっているボクのメインバンクなので、信頼しても大丈夫だという安心感があったからです。

といっても、もともと行った理由は、バラバラになってしまった小口の定期預金を、1つにまとめるために行ったんですが。そこで『そこそこ貯まった、自分の定期預金を今後、どうしたらいいのか』という相談をしたのです。

ボクは毎月、積立預金をしていたおかげで、わずかではありますが、そこそこの定期預金が貯まってきていたのです。

そんなこともあり、以前から「資産・運用相談会へきませんか?」という案内は、みずほ銀行からもらっていました。ですが、忙してなかなか行けず…『なんとかしなければなぁ…』と思いつつ2年くらい経っていました。

というわけで、小口の定期預金を、1つにまとめるタイミングで「自分の定期預金を今後、どうしたらいいのか?」と相談に乗ってもらったワケです。

どのように、運用したいか、ご希望はありますか?

すると、みずほ銀行の店員さんが「どのように、運用したいか、ご希望はありますか?」という話がありました。ボクは以下の2点を伝えました。

  • 定期預金の利率が0.01%の低金利なので、なんとかしたい
  • お金儲けが目的ではない

ということを伝えました。

「定期預金の利率が0.01%の低金利」といっても、あまりピンとこないと思います。具体的に言うと「1,000万円を、25年間あずけても、1万円増えただけの、1,001万円にしかならない」のです。

投資信託がおすすめでは?

すると投資信託を提案されました。投資信託は、簡単に言うと以下のようなしくみです。

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

もちろん、必ず利益がでるわけではありません。損をするリスクもあるということです。ただし、、、

投資対象を、債券・株式・(不動産投資の)リートなどへ分散したり、、、

長期保有したりすることによって、投資信託では、損をするリスクを下げています。

そうすることによって、利回りを4% を目指します。

なるほど! と思ったのですが、いくつか疑問があったので、質問してみました。

投資金額は、いくらくらいが、オススメなの?

投資金額は、いくらくらいがオススメなの? とボクは、一番最初に思いました。なので、質問してみると「3~5年の間、お金を動かさないで、置いておける金額が、1つの目安ではないでしょうか」と提案がありました。

なるほど、ボクの場合だと300万円くらいかな? 300万円で、利回りが4%と仮定すると、年間12万円の利益が発生する計算です。もちろん確実ではないですが。

ということで、1回目の相談は、こんな感じで終わりました。ボクの中では、その日のうちにも、投資信託をはじめるつもりでしたが、一度頭を冷やすため、その日は帰宅しました。

そして2週間考えた後、ふたたびみずほ銀行へ、行ってきました。

2回目、「資産分散」「長期保有」をキーワードにした2つの商品の提案・説明


訪問2回目は、12月中旬、「資産分散」「長期保有」をキーワードにした2つの商品を提案してもらい、その説明をしてもらいました。具体名でいうと「投資のソムリエ」と「選択の達人」の2つの商品です。

なぜこの2つの商品を、みずほ銀行が提案してきたかというと、「手間がかからないバランス均衡型」タイプの商品が、ボクの希望に沿っていると判断したからでした。

「手間がかからない」というのは、いちいち株の値動きに敏感になったり、一喜一憂する必要がないという意味です。ボクも本業の仕事があるので、そんなことやっていたら、本業の仕事が手につきませんしね。

話を戻します、、、

提案された2つの商品「投資のソムリエ」と「選択の達人」とも、基本的に考え方は同じです。バランス均衡型です。ただし投資先が、少しことなります。

「投資のソムリエ」は、上図のように国内・先進国・新興国の債券・株式・(不動産投資の)リートなどを投資対象としています。スタンダードな「バランス均衡型」タイプです。また日本の年金を運用している会社アセットマネジメントOneが運用しています。

「選択の達人」は、有望企業の債券・社債・証券・株式などを投資対象としています。

この時点では直感的には、スタンダードな「バランス均衡型」タイプの「投資のソムリエ」に、気持ちが傾いてはいたものの…

とりあえず、「投資のソムリエ」と「選択の達人」のどちらにするかを、しばらく考えることにしました。

また、投信口座・NISA口座・特定口座などの説明もしてもらい、それらの口座の開設をしました。

しばらくは、「投資のソムリエ」と「選択の達人」の商品紹介冊子を、通勤電車の中で、読んでいました。

また、わからない点は、メモしておきました。

3回目、投資のソムリエを選択し、投資信託開始


訪問3回目は、1月下旬、いくつかあったわからない点を質問して理解した後、「投資のソムリエ」を申し込みました。購入金額は、300万円。利回り4%目標なので、1年後には12万円の利益がでるハズ?

「投資のソムリエ」では、利回り4%を目標にして、市場環境に応じて、投資対象資産の配分を変化させます。

このときには、「アメリカとイランによる中東危機」「中国での新型肺炎」などにより、金融市場に不確実性が高まっていました。

ちょうどいい機会だと思ったので、「投資のソムリエ」のだと、どのように運用するんですか? と質問してみました。

すると、上の図を説明してくれました。ボクが1回目にみずほ銀行へ投資相談へいたときには、一番左の状態でしたが、、、

3回目は、金融市場に不確実性が高まっていたので、真ん中の状態になっているとの説明でした。ボクのイメージ通りだ。これでOK!

ということで、「投資のソムリエ」の運用を開始しました。

またこのときには、投資信託を新規にはじめると、定期預金の金利が3ヶ月だけ、0.01% → 6.0%になる「みずほマネープランセット」にも、申し込みました。詳細はまた別途ご説明します。

まとめ

というわけで、4バランス均衡型の投資信託「投資のソムリエ」をはじめるまでの概要をまとめした。ボクが、必要になった時間は以下の通りで、合計約7時間程度です。

  • みずほ銀行へ、約2ヶ月かけて、合計3回通う
  • みずほ銀行での、相談時間は、合計5時間程度
  • 通勤電車の中で、投資信託の冊子をみて勉強した時間は、合計2時間程度

『投資信託を、はじめようかな。でもどんな感じで、商品(=ファンド)」を決めたり、申し込むのかな』という人も多いのではないかと思います。

そんな人の参考になれればと、思って記事を書きました。

そして、これからは、半年に1度、定期的に運用結果を、ご報告していこうかと考えています。利回り4%というけど、実際はどうなのかも、ご報告できると思います。

あと、投資信託について知ったことは、まだまだあるのですが、それはまた別の機会に、ご説明しますね。

それでは!