広尾イタリアンレストラン incantの「ワインとチーズの味覚ゲーム」に参加してきたヨ

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


おはようございます。

()る2019年10月27日、港区広尾にあるイタリアンレストラン incant(インカント) さんのワインセミナーに参加してきました。

テーマは「ワインとチーズの味覚ゲーム」。🍷と🧀を使った7つのゲームで、味覚の世界の知識を深めることをコンセプトにしたセミナーです。

講師は、いつもイタリア文化会館のワインセミナーでお世話になっている石川 遼平 先生。

なかなかできない、貴重な体験! あっという間の2時間でした(๑>◡<๑)

約2ヶ月半遅れの報告で申し訳ありませんが、今日はその様子をご紹介しますね。

そうそう、イタリアンレストラン incant(インカント)さんの公式サイトはこちら→イタリアンレストラン incant

セミナーがはじまる直前の店内の様子


張り切りすぎて(;”∀”)、すこし早くついたので、先生に了承をもらって、セミナーがはじまる直前の店内を撮影させてもらいました。


いつもは、レストランとして利用しているスペースが、セミナー席になっている。おぉーーー


ボクは前に座るので、後からの様子がわからないです。なので、今のうちに後ろの席から撮影しておきました(*’▽’*)


超高価なワインがならぶ、ワインセラー(๑>◡<๑)


ずらりと並んだワイングラスが素敵★彡


イタリアの地図! ほしいーーー(*゚▽゚)ノ


ワイン以外のアルコールも(๑˃̵ᴗ˂̵)


おいしそうなパンもあります🍞


ということで、気分が盛り上がってきたところで、ワインとチーズを使った合計7つのゲームのセミナースタートです‼︎

なかなかできない体験! 3つのゲーム

まずは、なかなかできない体験ができないと思う3つのゲームをご紹介しますね。

グラスで、こんなに違うのか!


まずは、ワインの味が、グラスでこんなに違うのか! と思ってしまった、ゲームです。

左から順に、紙コップ、プラスチックコップ、ふくらみのある(ブルゴーニュ)グラス、たまご型の(ボルドー)グラスに、ワインが注がれました。

そして、同じ種類のワインを、組み合わせるというゲームです。

ボクは迷いに、迷いました。


最初は、「紙コップとプラスチック」グループと、、、


「ふくらみのある(ブルゴーニュ)グラス、たまご型の(ボルドー)グラス」グループとで、ちがうワインが入ってるのではないかと感じ…

しばらくすると、紙コップだけがちがうワインで、他のグラスは全部同じではないかと感じ、、、

う~ん、迷いに迷うぞぉぉぉ((+_+))



で、答えは、、、



すべて同じワインでした(≧∇≦)


同じワインなのに、なぜ違うワインのように感じるのかを、ちゃんと説明してくれたので、次回は、間違えないハズ_φ( ̄ー ̄ )

なぜ紙コップだけちがうワインのように感じたのか?


そうそう、なぜ紙コップだけちがうワインのように感じたのかも説明してくれました。

紙コップには水漏れ防止のために、内側に、ロウが塗ってあります。これがワインに溶けて、別のワインのように感じてしまうとのこと。

なので、お花見🌸とかで、ワインを飲む時は、紙コップだけは避けましょう! と要チェック情報も、ゲットできました(^^)v

しかし、マジで、グラスでこんなに違うのか(=゚ω゚)ノ ということを実感したゲームでした。

どちらが、より熟成している?


つぎに、2つのグラスのどちらが、より熟成しているワインか? を当てるゲーム! こんなこと、なかなか体験できない(OvO)!

一方が(14年間熟成している)2006年ワインで、もう一方が(4年間熟成している)2015年ワインです。(14年間熟成している)2006年ワインは、右側のグラスか、左側のグラスかを当てるのです。


て、て、ていうか、ボクは、14年間も熟成しているワインは、高価なので、飲んだことがありません。飲んだことがないから、わからない! と思いつつも、はじめると、、、

『ん? 右側のワインは、ボクがいつも感じられない香りがするぞ…あっ、じゃぁ右側が14年間熟成しているワインだ!』ということで、正解は、、、


おぉーーーぉ!! 右側が14年間熟成している2006年のワインだぁ!! まぐれ当たりだけど(°▽°)


ちゃんと修行して、熟成したワインがどちらか、理論的に説明できるようにします(‘◇’)ゞ

ただ、(4年間熟成している)2015年ワインも、(14年間熟成している)2006年ワインも、どちらも、とっても美味しかったのだけは、間違いないです!!!


特に、(4年間熟成している)2015年ワインのこちらの作り手さんは、あとで調べてみたらびっくりΣ(゚Д゚)

ピエモンテで最も古い由緒あるバローロの造り手。1861年のイタリア統一記念晩餐会の公式ワインリストにも載っているという、名門中の名門。

ごちそうさまです!(^^)!

どちらが、ブショネ(=欠陥品)?


もう1つ、2つのグラスのどちらが、ブショネ(=欠陥品)ワインかを当てるゲーム。こちらも、とっても貴重な体験でした。

ブショネ ワインというのは、何らかの原因で、ダメになってしまう欠陥品のワインのことです。


プロの世界では、日常茶飯事(にちじょうさはんじ)のブショネ(=欠陥品)ワイン。

しかし、ボクのような一般人では『ブショネ(=欠陥品)のワインって、よく聞くけど、実際どんな味がするのだろう…』という想像の世界です。

なので『ブショネ(=欠陥品)ワインを飲んでも、わからないんじゃないだろうか?』という悩みは、以前からありました。

そんなことを考えながら、左側のワイングラスに口をつけると…

うぅぇーーーーー( ̄◇ ̄;)、 こ、こ、これがブショネ(=欠陥品)っていうのか、、、と一発でわかりました。


ブショネ(=欠陥品)にも、程度があり、一般人の人には分かりにくいこともあります。

が、今回のセミナーでは、先生がわかりやすいブショネ(=欠陥品)を、選んでくれたので、ボクでもわかりました。

なかなか、ボクのような一般人には体験できない貴重なブショネ(=欠陥品)ワインでした( ̄^ ̄)ゞ

温度が違うワイン・チーズの食べ比べ! 調味料・チーズの並べ替えゲームも!!

ほかにも、温度が違うワイン・チーズの食べ比べや、調味料・チーズの並べ替えゲームもやってきたので簡単にご紹介しますね!


温度が違う2つのワインが、同じワインか、違うワインかを当てたり、、、


温度が違う2つの(ブルーチーズの)ゴルゴンゾーラを、並べて、食べくらべしてきました!


熟成期間が、8ヶ月・12ヶ月・24ヶ月のコンテチーズを並べ替えたり、、、


甘味・酸味・苦味・アルコール・ミネラルの調味料が入った5つの紙コップを並べ替えたり、、、


ただのワイン好きであるボクには、味覚の知識を広げてくれる、なかなかできない、貴重な体験でした!


も、も、もう、終わりか、、、あっという間の2時間でした(#^_^#)

まとめ


というわけで、2019年10月27日、港区広尾にあるイタリアンレストラン incant(インカント)さんで行われたワインセミナー「 ワインとチーズの味覚ゲーム」へ参加して、味覚の世界の知識を深めてきました。

ただのワイン好きであるボクには、味覚の知識を広げてくれる、なかなかできない、貴重な体験! あっという間の2時間でした(๑>◡<๑)

セミナーが開催されたら、また行ってきてご報告しますね。

それでは!