「座骨結節の滑液包炎の疑い」と診断されました。

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


おはようございます。

いきなりですが「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」って知っていますか?

知らないですよね。端的にいうと「座っているだけで、座骨の先端部が痛い」という症状です。

僕の場合は、座骨左側の先端部が、痛いです。どうもその「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」になってしまったようです(T_T)

約1年半前から、座骨の痛みと腰椎椎間板ヘルニアを患って…


Je at uwo at English Wikipedia [Public domain], via Wikimedia Commons の画像を使用し、座骨で痛い部分を赤枠で囲む

いまから約1年半前から、座骨左側の痛みと腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアを患っています。

そのため都内にある整形外科に通い、1ヶ月に1回ほどリハビリ運動を教わり行って、家でリハビリ運動をやってきました。

腰の痛みはほとんどなくなりましたが、座骨の痛みがいっこうに良くなりません。

ということで2019年7月下旬にMRI検査を受け、9月上旬に「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)ではないか?」という診断を受けました。

「ないか?」となっているのはMRIにそれらしき影が、写っていないからです。

ただしボクが説明する症状が、「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」と酷似しているとのこと。そのため、「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)ではないか?」となりました。

座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)については、こちらのサイトで詳しく説明されています→座った時のお尻の痛み‐坐骨結節滑液包炎‐ さくらやま鍼灸接骨院

座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)とは?

医師に、「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)とは、具体的にどんなことなんですか?」と聞いてみました。すると、

「座骨で、骨と筋肉がつながっている場所に、液体状の袋がある。これを滑液包という。この滑液包は、骨と筋肉の接続部の動きをよくするためのモノである。この滑液包が、炎症を起こしてしまっている」

とのことでした。

どうやったら治るの?

医師に、「どうやったら治るんですか?」と聞いてみたところ、「う~ん。炎症をおこしている座骨(結節)部位に触れないようにするしか、方法はありません。」とのこと。つまり座骨(結節)部位に触れないようにして、炎症が治まるのを待つしかないとのこと。


とはいえ、座れば必ず座骨(結節)には、触れるわけです。その旨を言うと「う~ん。たとえばドーナツ型のクッションみたいのを利用して、あたらないようにするとかしてですねぇ」とのこと。

『いやぁーそれ、もうやってるんすけどねぇ(-_-)』と心に思いながら、診察室をあとにして、併設されているリハビリ部門へ異動しました。具体的にどうやって、座ったらいいかなどを教えてくれる部門です。

リハビリ部門で…


この整形外科に併設されているリハビリ部門で、今までは腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアを治すためのリハビリ運動をやってきました。今日からは「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」のリハビリです。

といっても「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」には、リハビリというリハビリはなく、座骨(結節)部位に触れないようにして、炎症が治まるのをまつしか、方法はありません。

いつも教えてもらっている理学療法士に、「座骨結節(ざこつけっせつ)滑液包炎(かつえきほうえん)」と診断されたというと、「治すのは、なかなか難しいかと…」と、悲しい言葉が。

と悲しんでいても、しょうがないので、さっそく「座骨部位に触れないような座り方」を教わってきました。


方法としては、足の下に丸めたタオルを入れて、座骨部位にふれないようにしたり、、、


痛い方の座骨を、椅子の座面に触れないように、半分だけ、宙に浮かした状態にしたり、、、


台などを足下に置いて、その上に足を置いて、痛い方の座骨を、椅子の座面に触れないようにしたり、、、

てなことをやって、「できるだけ痛い方の座骨を、椅子の座面に触れないようにしてください」とのことでした。



って、これでは限界があるでしょ。

あと股関節のストレッチも教わってきましたが、「ストレッチよりも、座面に触れないように座り、座る時間を減らす方により重点を置いてください」とのことでした。

まぁ、それができれば、やっているんですが。

反対側の右座骨が痛くなってきた!


それから2週間ほど、教わった座り方をやってきました。以前よりは、左座骨の痛みが、多少軽減したような気がしていたところ、、、

しかし今度は、反対側の右座骨が痛くなってきました。

ま、ま、まずい!

ということで、ちょっと左座骨には触れず、右座骨には負担がかかからないような、椅子を本格的に探し出しました。

また、おって連絡しますね。

それでは!