日本橋イル・バーカーロ・アロマへ行ってきたヨ【2回目編】

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


おはようございます。

7月のイタリア文化会館でのワインセミナーの帰りに、日本橋にあるイタリアン居酒屋のイル・バーカーロ・アロマ(IL BACARO ALOMA)へ行って、パスタを食べて、グラスワイン2杯飲んできました。

ひとりでも入れるお店なので、お腹もへっていたことだし、ちょっと立ち寄ってきました。

土曜日の夕方5時過ぎでしたた。

実は、この日本橋にあるイル・バーカーロ・アロマは、約1年前にもきています。

ご報告がすっかり遅くなってしまい、恐縮ですが、8月下旬の平日18:00過ぎ、日本橋コレド室町にある「IL BACARO ALMA」へ行ってきました。男性グループで気兼ねなくイタリアンを楽しんでました。そのご報告です。

というわけで、今回は2回目の訪問の報告です。

2回目の訪問時点での総評


お店のつくりは、やや狭めですが、おしゃれです。料理は美味しい。なので仲間とワイガヤでやるのに最適なお店です。

おしゃれなので、デートにも使えるのですが、ワイガヤ過ぎるときもあります。

なので、曜日・時間帯には注意したほうがいいかも。

ちなみにボクの経験を話すと、

  • 2018年8月、平日夕方訪問時はワイガヤ
  • 2019年7月、土曜日夕方は、落ち着いた感じ。

てな感じです。

では、お店の様子からはじめますね。

お店の様子


赤と緑のテーブルナプキンとキャンドルが、素敵な2人席を演出してくれます。

ちなみにボクの両隣は、若いカップルでした。うらやましい(^_-)


グラスワインは、ここのボトルを、取り出して注いでいました。


暑いので、扇風機が、フル回転です。


天井は、シャンデリア!


お支払い場所もおしゃれです。大きなワインボトルが目を引きます。

食べてきたモノ


ということで、食べてきたモノをご紹介しますね。

食べても、見ても、美味しいお通し


まずは、食べても、見ても、美味しいお通しが、でてきました。

右からチーズ、ハム、オリーブとなっています。

どれも美味しいんですよ、これが(゚▽゚)/

イタリア白ワインのソアーヴェ


まずは、イタリア白ワインの代表ソアーヴェ(SOAVE)です。値段は650円です。


説明には、ヴェネトより、アプリコットや熟した黄色い果実。現地定番のワインですとあります。

たしかに、スーパーで売っているソアーヴェより、香りも味も華やかな感じでした。

良い意味で、ソアーヴェっぽくなかったです。なので、あっという間に、飲み干してしまいました(^^;

ソアーヴェのワンポイント講座!


ソアーヴェ? という人も多いと思うので、超簡単に説明しますね。

ソアーヴェというのは、イタリアの地ぶどう「ガルガーネガ」をメインに使って作られた、白ワインの銘柄(≒ブランド名)です。

イタリア北東部ヴェネト州のソアーヴェ地区で作られています。

世界的に知られたイタリアの白ワインです。なので、日本のコンビニ・スーパーなどでも販売しています。

コンビニ・スーパーなどで販売しているのはテーブルワインが多いです。しかし高級ワインもあります。さらに甘口のデザートワインまであります。

タコとトマトソースのバスタ


食事は、タコと辛口豚肉ペーストのトマトソースのバスタです。値段は1,250円です。


説明には、タコの旨味をいかした辛いトマトソース。モチっとした生麺でとあります。

たしかに、モチっとした生麺が、う・う・うまい!

あとタコのうまみがしっかりとしみたトマトソースも、うまいです。

美味しいパスタを食べると『こういうパスタを家で作れないものか』といつも思ってしまいます。

スパークリングワインのプロセッコ


2つめのグラスワインで、イタリアのスパークリングワインのプロセッコを注文です。値段は900円です。


行ったときは、ちょうど「泡まつり」の時だったので、ちょっと高かったけど注文しちゃいました!


説明には、ヴェネトの定番スプマンテ。すっきりとした飲み口とコクのある味わいとあります。

個人的には、すっきりとしすぎていて、前に注文したソアーヴェの方が、よかったかも。

プロセッコのワンポイント講座!


プロセッコ? という人も多いと思うので、超簡単に説明しますね。

プロセッコというのは、イタリアの地ぶどう「グレラ」をメインに使って作られた、スパークリングワイン(=スプマンテ)の銘柄(≒ブランド名)です。

イタリア北東部ヴェネト州のコネリアーノ、ヴァルドッビアーデネ地区で作られています。このあたりです。

一般的には、以下のようなスパークリングワインです。

白桃、白い花など喜ばしい香り、シンプルだが、フレッシュな味わいと、かすかにほろ苦い後口は、食前酒に最高で、価格が手頃であることもあり世界中で人気急上昇中である。

プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル 2016年版 P80 監修:宮島勲

NHK Eテレで2018年10月~2019年3月(再放送:2019年4月~9月)に放映された番組「旅するイタリア語」でも、俳優の田辺誠一さんが、プロセッコを気に入ったみたいで、食事の時には、いつも頼んでいました(^。^)

どんなお店?

日本橋にあるイル・バーカーロ・アロマがどんなお店なのか、情報を簡単に説明しておきますね。

イタリアのヴェネツィアがコンセプト


イタリアの「ヴェネト州」にある都市「ヴェネツィア」のバール(居酒屋)をコンセプトにしたお店です。ボクも今から約15年前に、ヴェネツィアへ行ってきました。



ヴェネツィアは、イタリアの北東部にある「水の都」として世界的に有名な観光都市です。なので、魚介系の料理が多いのが特徴です。もちろん肉料理もありますヨ。

ワインもイタリアが多くなります。個人的にはもっとイタリアワインにこだわって欲しいです。

昼飲みができる!

営業時間が、朝11時~夜23:30で、通しで営業しているので、昼飲みができます。

ボク的にはとってもうれしいです。

男性グループが多い!

2回だけで判断するのもなんですが、男性グループが多いお店だとも感じます。

日本では一般的に、ワインが飲めるお店に、男性だけというのは気が引けます。が、その点は心配なく利用できます。

公式・グルメサイトなど

まとめ

というわけで、日本橋にあるイタリアン居酒屋イル・バーカーロ・アロマへ行ってきたヨ【2回目編】をお伝えしました。

お店のつくりは、やや狭めですが、おしゃれです。料理は美味しい。なので仲間とワイガヤでやるのに最適なお店です。

それでは!

参考資料

  • プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル 2016年版 監修:宮島勲