リストランテ サン・マリノ東京 の前菜が絶品! 実は日本となじみ深いサン・マリノ共和国

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


おはようございます。管理人ケイです(^^)/

先日、平日15時ごろから、JR目黒駅近くにある「リストランテ サン・マリノ東京」で食事をしてきました。もちろんワインの昼飲みもですけど(^^ゞ


日本初「サン・マリノ共和国」をコンセプトとした本格イタリアン & サンマリノ共和国の駐日大使が「リストランテ サン・マリノ」と命名したお店! という前情報をみて、はるか目黒まで行ってきました。

入店した時は、あまり期待していなかったんですが、前菜をはじめとするお料理の美味しさにびっくり!


さらにサン・マリノ産のワインも美味しいし(^^)/

ということでとっても気に入ったので『サン・マリノってどこにあるの? イタリアなの? どんな国なの?』と思って調べてみました。

するとサン・マリノ共和国って、実は、日本ととってもなじみ深いことがわかりました。

今日は、その調査報告とグルメレポートです。

サン・マリノ共和国の位置

まずは、サン・マリノ共和国の位置を確認しておきましょう。イタリア半島にあります。

周囲は、イタリア(共和国)に囲まれています。

『でも、なんでイタリアの中の、ポツンとした位置に、国があるの?』って思いますよね。ボクも思いましたΣ(・ω・ノ)ノ!

もともとイタリア半島には、中世からフィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノなど多くの都市国家が、独立国として存在していました。

サン・マリノも、中世から存在していた都市国家のひとつでした。

なのでイタリアという統一国家は存在していませんでした。

しかし1861年に、それら多くの独立都市国家が集まって、統一国家イタリアができました。

ただこの時、サン・マリノだけは、統一国家イタリアに加わりませんでした。

そのため、ポツンとした位置に、サン・マリノ共和国があるわけです。

日本となじみ深い サン・マリノ共和国

では、サン・マリノ共和国が、どのように日本となじみ深いのかをご報告していきますね。

ルパン三世 テレビ第4シリーズの舞台となった国


ルパン三世 テレビ第4シリーズの舞台となった国が、サン・マリノ共和国です。

テレビは、2015年10月から半年間放映されていました。

そのため、ルパン三世とコラボしたワインもあります→LUPIN THE THIRDコラボシリーズ | SAMMARINESE

飲んでみたい!(*´▽`*)

ロックバンド THE ALFEEの高見沢俊彦さんがナイトの勲章を得た国

日本を代表するロックバンドの1つTHE ALFEE(ジ・アルフィー)をご存じでしょうか?(公式サイトはこちら→http://www.alfee.com/)

そのメンバーのひとりである高見沢俊彦さんが、ナイトの勲章を得た国が、サン マリノ共和国です。

高見沢さんが長年やっているラジオ番組に、サン マリノ共和国の特命全権大使が出演して、交流が始まったとのこと。

高見沢さんが、日本でサン マリノ共和国の紹介をして活躍しているうちに「友好アドバイザー」に任命され、さらにその活躍がみとめられ、ナイトの勲章を授与されました。

勲章の意味は、以下の通りです。

人道、科学、芸術文化の分野で、広くサンマリノに貢献した方々に、敬意と感謝の気持ちを贈るという意味をもったもの

引用:https://www.sammarinese.org/topics/高見沢俊彦さんがサンマリノ共和国よりナイトの勲章を授与されました!

ヨーロッパ初の神社がある国


(伊勢神宮を本宗とする)神社本庁が承認した、ヨーロッパ初の神社がある国が、サン・マリノ共和国です。

サン・マリノ神社といいます。

創建された理由は、2011年の東日本大震災の犠牲者を追悼するためです。サン・マリノの皆さんありがとうございます。

発案してくれたのは、サン・マリノ日本友好協会のみなさんです→http://asmjp.com/index.php/ja/

お店に行ったときに、『なんで神社の写真があるのかなぁ』と思った謎がとけました。

というわけで、とっても親近感が湧いてきたので、グルメレポートへ行きます。

食べてきた様子

それでは、リストランテ サン・マリノ東京のグルメレポートをどうぞ!

店の様子


目黒通りを歩いていると見えてきます。


1Fはバール、2Fはテーブル席でゆっくり食べられます。


おぉー「希少なサンマリノ産ワインが飲める日本で数少ないお店です!!」。もう今日はサンマリノ産ワインで、レッツゴー!!



階段の途中です!


白とブルーで統一された店内がとってもキレイです! サン・マリノ共和国の国旗と同じ色です。


国旗は、白色が純粋さ、青色が空とアドリア海を表現しています。

食事の様子


まずは、サン・マリノ産の白ワインを注文! もちろんボトルです!!


これだけあると迷います。というか全種類飲みたい!!写ってないけど、サン・マリノ産のスパークリングワインもあります。



前菜11種盛り合わせ。この前菜の盛り合わは、絶品です。次行った時も、頼みます!!


なんで、本場のラザニアは、こんなにもおいしいのでしょう!



メインは「エゾシカのサン・マリノ風煮込み」と「イノシシのサン・マリノ風煮込み」の2品をだしてくれました。本当は1品だけなんだけど、特別に2つだしてくれました。お店の皆さんありがとうございます<(_ _)>

もち、おいしかったです!


ドルチェ(=デザート)は、ジェラートにエスプレッソをかけたアフォガートです。「アフォガートは、イタリア語で溺れたっていう意味なんですよ」と教えてくれました。

お料理は、みんな美味しかったです。サン・マリノ共和国の駐日大使が「リストランテ サンマリノ」と命名しただけのことはあるなぁーと実感できる美味しさでした。

リストランテ サン・マリノ基本情報

場所はこちら。

気軽に行けるカジュアル レストトランです。

2019年6月現在の営業時間は、日~土(毎日)11時00分~23時00分です。

女子会、デート、男性同士などなど、いろんなタイプのお客さんがいました。

公式サイト・グルメ情報サイト

まとめ

ということで、『サン・マリノってどこにあるの? イタリアなの? どんな国なの?』という調査報告とレストランサン・マリノのグルメレポートでした。

また、行ってきます!

それでは!

参考資料

  • イタリアものしり紀行 新潮文庫 紅山幸雄
  • SAMMARINESE|サンマリノワイン
  • Wikipedia日本語版
    • ルパン三世 (2015年TVシリーズ)
    • サンマリノ神社

よろしければ、こちらもどうぞ

目黒のリストランテ サンマリノ東京の料理がとっても美味しかったので、サン・マリノ共和国が、どんなところか調べてみました。そして、ド素人のボクでもわかる3つのポイントにまとめてみました。