常陸野ネストビールの生まれ故郷を調べてみたヨ

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは!

ワインも好きですが、ビールも大好きな管理人ケイです!


先日、秋葉原からほど近い神田万世橋にある「常陸野ブルーイング ラボ」で、ランチしてきました。


注文して、座って眺めていると、店内はビール瓶がいっぱいあって、大っきなビールタンクもあって、サーバーもありました。

後から女性3人組が入ってきて、サンドイッチとビールも頼んでいました。


『ダイエット中でなければ、ボクも飲みたいのに…』と思いながら「つくば鶏の照り焼きランチ」を食べてきました。

家に帰ってから、公式サイトをみたところ…『すごい! はやくダイエットを終えて、飲みに行くぞ!』となりました。

ところで、常陸がどこで、どんな場所だか知っていますか?

というわけで、今日は「常陸野ネストビールの生まれ故郷を調べてみたヨ」というお話です。

常陸ってどこ?


令制国 常陸国 CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

常陸は、「ひたち」と読み、茨城県のことです。

その昔、茨城県は、「常陸国(ひたちのくに)」と呼ばれていました。

「常陸国(ひたちのくに)」が、歴史に現れるのは、奈良時代の書物「常陸国風土記」です。それによると645年の大化の改新後とのこと。

というわけで、常陸は、「ひたち」と読み、茨城県をさしています。

茨城県ってどんなとこ?

茨城県は、海・山 & 平野・川の恵みが、とっても豊かな県です。

すこし補足説明しますね。

海の恵みが豊か!


User Meocrisis on de.wikipedia [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
茨城県は、海の恵みが豊かです。東側が、太平洋に面した海だからです。

千島列島からの寒流と、太平洋からの黒潮暖流とが、ぶつかるためおいしいお魚が豊富にとれます。

たとえばコラーゲンたっぷりで低カロリーでとっても美味しいアンコウです。

山 & 平野の恵みが豊か!


八溝山地と久慈川 Σ64 [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons
茨城県は、山 & 平野の恵みが豊かです。

阿武隈山地や筑波山や台地と関東平野が広がっているからです。

そのため、豊富な種類のキノコ・そばの実・果物・野菜が育ちます。

しいたけ、まいたけ、サツマイモ、メロン、すいか、いちごからはじまって、トマト・ニンジンなどなど。

なんと野菜の出荷量は、北海道に次いで全国2位なのです。

さらにA4ランクの牛肉「常陸牛」もいます!

川の恵みが豊か!


茨城県の主な河川 [Public domain], via Wikimedia Commons

さらに茨城県は、利根川、那珂川、久慈川ほか多くの河川が多く流れているため、川の恵みが豊富です。

川の恵み? となりますよね。

そう日本酒です。河川が多く水源が豊富なため、おいしい日本酒ができるのです。平成30年6月現在、関東地方では最も多い40もの酒蔵があります。

さらにビール。アサヒビールやキリンビールの工場もあり、ビールの生成量は、日本一です。美味しいビールも、美味しいお水がないとできないからです。

というわけで、茨城県は、海・山 & 平野・川の恵みが、とっても豊かな県なのです。

常陸野ネストビールは、その茨城県にある日本酒造りからはじまった木内酒造が、1996年につくりあげたビールです。

酒蔵が造ったビールが、世界に羽ばたく!


木内酒造がつくった常陸野ネストビール、実は数々の世界ビールコンテストで受賞し、今では全世界に輸出されています。

輸出先は、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなどです。

公式サイトをみると、はじめは苦労の連続だったそうです(・_・、)

それが今ではアメリカのサンフランシスコ、中国の上海に、レストランがあります!!

常陸野ネストビールは、茨城県はもちろん東京でも味わうことができます。東京駅・品川・神田万世橋に、お店「常陸野ブルーイングラボ」があります。

今回は、その神田万世橋店へ行ってきたわけです。

店内の様子


というわけで、常陸野ネストビール ラボ 万世橋店内の様子をどうぞ。





という感じで店内が、とってもおしゃれです!


牛乳瓶も、おしゃれなシャンデリアに!!


お水は、なんと酒蔵の仕込み水スパークリングウォーターです!


くぅ(≧ V ≦)飲みたい!

次回は、こちらのビールをいただきに参ります(゚▽゚)/

常陸野ランチを食べてきたよ


というわけで、常陸野ランチを食べてきました。つくば鶏の照り焼きです!



こちらが、つくば鶏の照り焼き。豚の角煮の鶏肉版みたいでしたd(^_^o)



綺麗な盛り付けに、男のボクでもうっとりです(*´∇`*)


卵は、元気になりそうなオレンジ黄色です!

ごちそうさまでした!

公式サイト・グルメサイト情報

常陸野ネストビールの公式サイトは、こちら→常陸野ネストビール公式

グルメサイト情報は、こちらです。

まとめ

ということで「常陸野ネストビールの生まれ故郷を調べてみたヨ」というお話でした。

次は絶対ビール飲みに行きます( ゚Д゚)ゞ

それでは!

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません