松山名物の鍋焼きうどんが、とっても美味しかったので、松山を調べてみた

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは!

管理人ケイです!

みなさんは、愛媛県の松山って、どんなところか、ご存知でしょうか?

ボクは、先日、ヨドバシ秋葉原の8Fにある「山半」で、「松山名物 鍋焼きうどん」を食べてきました。

「美味しいすき焼き」の後に入れた時のうどんみたいな感じで、とっても美味しかったのですが、『松山?』という状態だったので、調べてみることにしました。

今日はその報告と、グルメレポートです。

松山ってこんなトコ

まずは、松山市公式の観光サイトの動画をご覧ください。

足湯もある温泉で楽しそう♪

ということで、松山の場所を確認しましょう。

四国地方の愛媛県にあります。

では、動画の中に出てくる温泉から説明しますね。

道後温泉


Arnaud Malon [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

動画に出てくる温泉は「道後温泉(どうごおんせん)」といいます。

道後温泉は、日本で最も古い温泉の一つといわれています。

3000年前、一羽の白鷺が傷を癒していたことから発見されたという伝説が残る日本最古の名湯と言われています。

松山市公式観光WEBサイト(http://matsuyama-sightseeing.com/about/)

そんなわけで、中学時代に古文の授業でお世話になった、古代の歌集「万葉集」にも登場します。新元号の令和も「万葉集」ですね(^o^)

温泉街は、公衆浴場である「道後温泉本館」を中心に広がっています。

さらに道後温泉本館は、

  • 国の重要文化財
  • 2009年ミシュランガイド(観光地)日本編で2つ星に選定
  • 2009年経済産業省の「近代化産業遺産」

に認定されています。

道後温泉公式サイトはこちらをどうぞ→愛媛松山 道後温泉

道後温泉は、万葉集だけでなく、さらに小説「坊っちゃん」にも登場します。

坊っちゃん


Ogawa Kazumasa [Public domain], via Wikimedia Commons
小説「坊っちゃん」って、ご存知ですか? 明治時代の文豪、夏目漱石が書いた、松山が舞台の小説です。

夏目漱石自身が教師として、松山に赴任してきた時の体験を元に描かれた(フィクション)小説です。

なので道後温泉はもちろんのこと、当時松山の街にあったものが、小説「坊っちゃん」の中に登場しています。

そしてそのまま現代まで残ったモノや復活したモノもあります。

少しみてみましょう。

坊っちゃん列車


Kone [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

こちらの列車は、坊っちゃん列車といいます。

小説「坊っちゃん」の中で、「マッチ箱のような汽車」として登場します!

当時は蒸気機関車でしたが、ディーゼル機関車として、現代に復活しています。

坊っちゃん団子


Jyo81 (ja:User) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

こちらは、松山銘菓「坊っちゃん団子」といいます。

小説「坊っちゃん」の中で「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と登場します! 

小説の頃とは、若干変化して、現代に至っています。

そんな「道後温泉」「坊っちゃん」などで有名な「松山」のご当地うどんが、「松山名物鍋焼きうどん」です。

松山名物 鍋焼きうどん


松山名物鍋焼きうどんを食べた時の最初の感想は『美味しいすき焼きの最後に、うどんを入れて、食べた時の感じのうどんだなぁ』でした。もちろん美味しいすき焼きのうどんです(^ ^)


ヨドバシ秋葉原の「山半」のメニューには、昔ながらのアルミ鍋で甘めのだしが特徴の松山名物鍋焼きうどんと記載されています。

また、

愛媛県松山市内には鍋焼きうどんを出す食堂が多い。 ≪中略≫ その特徴として、やわらか麺、甘めのだし汁が共通項として挙げられる。 ≪中略≫ 基本的には甘く味付けた牛肉をメインの具にしたものが主流である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/鍋焼きうどん

『ん? 甘めのダシって、どんな感じ?』となりますよね。

この甘めのダシというのが、ボク的には、すき焼きの最後に、うどんを入れて、食べた時の感じなのです。もちろん、美味しいすき焼きです。

なので、ボクはこの松山鍋焼きうどんがとっても大好きです。

甘めのスープが美味しくて、クセになりそうだ♪( ´▽`)




雑誌に紹介される理由がわかります(o^^o)

店内の様子


では、店内の様子をどうぞ!


こちらはボクが座った席です。一人でも安心です。女性も、多くの人が一人で来て、食べていました!


なぜ美味しいうどんなのかの説明です。


壁にもうどんの説明です!


名物の松山鍋焼きうどん以外にも、いろんなうどんメニューあります。


うどんと丼がセットになった日替わりランチセットもあります!



入り口、、、

あと女の人の比率が高いです。70%くらいでしょうか。

松山名物鍋焼きうどんを、食べたヨ


それでは、松山名物鍋焼きうどんを、食べた様子をご覧ください。五目ご飯は、無料です!


お約束の牛肉入っています。


このアルミ鍋の感じが、とってもイイんです!


七味は、甘いのにちょっと飽きたかなぁという時に使うと、より一層たのしめます。


ごちそうさまでした!

グルメサイト情報

山半のヨドバシAkiba店は、食べログしかないようです。

ヨドバシ秋葉原の8Fになります。

まとめ

ということで松山についての調査と、松山名物鍋焼きうどんのグルメレポートでした。

甘めのスープが美味しくて、クセになりそうです!

また行ってきます。

それでは!

参考資料

  • 松山市公式観光WEBサイト
  • Wikipedia日本語版
    • 道後温泉
    • 道後温泉本館
    • 坊っちゃん列車
    • 坊ちゃん団子
    • 鍋焼きうどん

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません