外で、ワイヤレスイヤホン +「音楽 かけて!」にハマっているワケ

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは!

ボクは、最近、朝の出勤時に道ばたで、

  1. ワイヤレスイヤホンをダブルタップして、
  2. 「音楽かけて!」と言う

ようになりました(というかハマっています)。

ちょっと騒がしいところでは、口元に近づけてから、ワイヤレスイヤホンのダブルタップ +「音楽かけて!」と言っています。

ということで、今日は、外で、ワイヤレスイヤホンのダブルタップ +「音楽 かけて!」にハマっているワケをお話ししますネ。

ちなみに、ボクが使っているワイヤレスイヤホンは、Anker社の6,000円くらいの安いモノです。

『今まで、ワイヤレスイヤホンで、いろいろできることを、ご紹介しておきながら、今まで何故、やらなかったのだろう』と反省? しながら、はじめます(^^ゞ

なおボクはiPhoneを持っていないので、検証できていませんが、Siriでも同様のことができるはずです。ぜひ試してみてください。

話に突入する前に、ダブルタップするとどうなるの?


話に突入する前に、『ダブルタップするとどうなるの?』と言う人もいるかと思います。

Androidスマホで、ワイヤレスイヤホンをダブルタップすると、「OK Google」が不要でいろいろな操作が、声でできるようになります。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。

Androidスマホで、ワイヤレスイヤホンをダブルタップすると、Googleアシスタントが起動することをご存知でしょうか?

これの何が便利かというと「OK Google」を言わないで、Googleアシスタントをつかえることなのです。

つまり恥ずかしくない!!!

ぶっちゃけ、外で「OK Google」は、ボクでも恥ずかしいです。

ということで、本番のハマっている理由に行きます。

ハマっている3つの理由

理由1:スマホを見ないで、音楽をかけることができる


ハマっている1つの目の理由は、スマホを見ないで、音楽をかけることができるからです。

というのも、朝は急いで、イヤホンを装着して、家を飛び出してくることが多いです。

なので、道路で『なんの曲をかけようか』とスマホを操作することになるのですが…とっても危険!

そこで、スマホを見ないで、ワイヤレスイヤホンでダブルタップした後、「音楽 かけて!」とやるワケです。

バスに乗って、落ち着いたら、『何の曲を聴こうかなー」とスマホでゆっくり操作します。

ボクが他にも、便利に使っているのは、

  • 音楽 かけて
  • お気に入り かけて / シャッフル
  • プレイリスト ●● かけて

などです。

特にボクは、「お気に入り シャッフル!」で再生するのが一番気に入っています。

Googleアシスタントで操作できる音楽サービス


© 2017 Google LLC, used with permission. Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。
なお、現時点でGoogleアシスタントで操作できる音楽サービスは、以下の通りです。

  • YouTube Music
  • Google Play Music
  • YotTbe Music
  • Spotify
  • うたパス
  • AWA

理由2:スマホを操作しないで、曲をお気に入りへ登録可能だから


ハマっている2つの目の理由が、「この曲が、好き!」と、スマホを操作しないで、曲をお気に入りへ登録可能だからです。

道ばたで音楽を聴いていて、『いい曲だなぁ』と思ったときは、今まで立ち止まって、スマホを操作して、を押していました。

これって、止まっている状態ならいいですけど、歩いている時は、危険ですよね。

というわけでボクは、道ばたで、音楽を聴いていて、『いい曲だなぁ』と思ったときは、ワイヤレスイヤホンをダブルタップして、「この曲が、好き!」とやっています。

理由3:「音量 上げて / 下げて」と音量調節が可能だから


© 2017 Google LLC, used with permission. Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

ハマっている3つの目の理由が、「音量 上げて / 下げて!」と音量調節が可能だからです。

ボクが使っているAnker社のワイヤレスイヤホンは、音量調節ができません。

スマホ本体を操作して、音量を調整することになります。

しかし、Googleアシスタントを使えば、声で音量調節が可能です。

そこで、ワイヤレスイヤホンを、ダブルタップして、「音量 上げて / 下げて」とやるのです。本体を操作しなくても、音量調整が可能なのです。

ボクがわかるだけで、以下のことができます。

  • 音量 上げて
  • 音量 下げて
  • 音量 ●%

他にもできますが、ボクが使っているのは、こんなとこです。詳しくは公式ページをどうぞ→音量を変える | Googleアシスタント

曲の戻し・スキップ(前へ・次へ) もできるけど…

曲の戻し・スキップ(前へ・次へ)もできるけど、これはワイヤレスイヤホンの機能を使った方が、便利です。

ちなみに使っているAnker社のワイヤレスイヤホンは、

  • 左右の短めタップで、一時停止・再生
  • 左側長めタップで、曲戻し
  • 右側長めタップで、スキップ

が、可能です。

それほど他の人の言葉に、関心がない?


人は、それほど他の人の言葉に関心がないことが、ボクは、いろいろ実験してわかってきています。

ある意味、これが今日一番大事なことでは、あるのですが(゚▽゚)/

今回は、秋葉原の長いエスカレーターで、ワイヤレスイヤホンでダブルタップしてから「音量40% にして!」といっても、誰も振り向きませんでした

ちなみに少し前、駅改札で「時間を教えて!」とやっても、同じように、誰も振り向きませんでした。もちろん、今もデス。

朝の通勤ラッシュ帯、混雑する改札前で、振り向かれたらどうしようと、内心ビクビクしながら「いま、何時?」とやってみました。

というわけで、外での、ワイヤレスイヤホンのダブルタップ +「音楽 かけて!」にハマっているワケ です。

これについては、けっこう面白いので継続して、実験して、報告していきますね。

「音楽 かけて!」以外も、もやってるヨ

もちろん、「音楽 かけて!」以外もやっています。

あなたは、道を歩いていたりして、お仕事のアイデアがフッと頭に思い浮かぶことありませんか? そして、後になって『う~ん、う~ん、う~ん、、、、思い出せない(--;)』ってことはありませんか?
バス停で時刻表を確認するとき、腕時計をみるのがとっても面倒です。なのでワイヤレスイヤホンをダブルタップして「時間を教えて」と音声操作で時間確認をしています。「OK Google」という必要がないので恥ずかしくないです。
ワイヤレスイヤホンのダブルタップ + 「もしもし」が、GPS連動未対応の家電への決め手だと思った理由と、その実験結果の報告です。

さらに、アクティブエッジが、不要になりました。

GoogleのスマホPixel3を約6ヶ月使った結果、アクティブエッジをやめることにしました。その3つの理由をお話します。

まとめ

ということで、 外で、ワイヤレスイヤホンのダブルタップ +「音楽 かけて!」にハマっているワケ をお話ししました。

またいろいろ発見できると思います。

その都度ご報告していきまね。

それでは!