5分でわかるIoT【スマホ x スマートリモコン編】

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは! IoTアドバイザの管理人ケイです(^^)v

スマホに向かって「OK Google エアコン消して」というCMを、よくみますね。

今日は、この操作が、スマートリモコンを使って行われる場合、どんな機器が、どのように動いているのか、IoTシステムの視点から図解で説明しますね。

どんな機器が、どのように動いているのか?

では「どんな機器が、どのように動いているのか?」を、IoTの標準的なシステム構成機器に該当させながら、説明していきます。

『えっ? IoTの標準的なシステム構成機器?? そんな難しい言葉わからないよ(゚Д゚)ノ』という方は、ご安心ください。皆さんが知っているようなことばかりです。詳しくは、以下の記事をどうぞ。

IoTが、どんな機器で物理的に構成されているのか? を「スマートスピーカーを使って音楽を聴く」場合を例にしながら、IoTアドバイザの管理人が説明します。頭を整理する時に利用してくださいね。

ということで、はじまりとなる「IoTデバイス センサー部」の説明からはじめます。

IoTデバイス センサー部



IoTデバイス センサー部に該当する機器は、AndoridやiPhoneなどのスマホになります。

スマホのマイクが、家電を操作する音声データを検知し、アプリを使用して、次にIoTゲートウェイへと渡します。

音声データは、たとえば「エアコンつけて / 消して」「照明つけて / 消して」「テレビをつけて / 消して」などです。


アプリは、よく知られたものとして、Googleアシスタントアプリや、Amazon Alexaアプリがあります。

Googleアシスタントアプリを使用する場合は「OK Google ~して」、Amazon Alexaアプリを使用する場合は「アレクサ ~して」になります。

IoTゲートウェイ(送信)




IoTゲートウェイ(送信)に該当する機器は、「ホームルーター」「スマホ」になります。

家中でWiFiを使用している場合は、ホームルーターになります。

家外でスマホを使用している場合は、(IoTデバイス センサー部での処理に引き続き)スマホになります。

スマホから受け取った「家電操作の音声データ」は、IoTゲートウェイである「ホームルーター」「スマホ」が、広域通信網と呼ばれるWANを使用して、インターネット上にある「IoTサーバ」へ、送信します。

IoTサーバ


IoTサーバ(のハードウェア・ソフトウェア)は、「AIアシスタント」と「スマートリモコン サーバ」になります。

「家電操作の音声データ」を、「AIアシスタント」と「スマートリモコン サーバ」とが連動して、分析・処理します。

ここで「エアコンつけて」といった音声データが、「スマートリモコンで家電操作する命令データ」へ、変換されるイメージです。

「AIアシスタント」は、Googleアシスタントアプリの場合は「Googleアシスタント」、Amazon Alexaアプリの場合は「Amazon Alexa」になります。

「スマートリモコン サーバ」は、Nature Remoやラトックシステムなど、スマートリモコンをつくっているメーカー各社のサーバです。

「スマートリモコンで家電操作する命令データ」を「IoTゲートウェイ」経由で、スマートリモコンへ渡します。

IoTゲートウェイ(受信)



IoTゲートウェイ(受信)に該当する機器は、ホームルーターになります。

ホームルーターは、インターネット上にあるIoTサーバから「スマートリモコンで家電操作する命令データ」を受け取り、中継して、家庭内LAN上にあるスマートリモコンへ渡します。

IoTデバイス 駆動部



IoTデバイス 駆動部は、スマートリモコンになります。今日の主役ですね(^_^)

スマートリモコンは、IoTサーバでつくられた「スマートリモコンで家電操作する命令データ」に従って、実際に家電操作します。

エアコン・照明・テレビの電源ON/OFFだったり、エアコン温度・照明の明るさ・テレビチャンネル操作などを行います。

家電操作の動画

では、ここまで説明してきた以下の図を踏まえながら、、、

実際に、スマホとスマートリモコンで、「エアコン」「天井照明」「テレビ」を操作している動画をご覧ください。

© 2017 Google LLC, used with permission. Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。
© 2017 Google LLC, used with permission. Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。
© 2017 Google LLC, used with permission. Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

スマホの代わりに、スマートスピーカーを使用する場合も同じなの?

スマホの代わりに、スマートスピーカーを使用する方法もあります。一部異なるところがありますが、ほぼ同じです。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

「家電を操作できるスマートリモコン」という文字を見かけるけど、いったいどんなものなんだろう? といことで、スマートスピーカーとスマートリモコンを使って、家電を動かす時の仕組みを、図解で説明しますね。

まとめ

ということで、5分でわかるIoT【スマホ x スマートリモコン編】は、いかがでしたか?

またいろいろ説明していきますね。

それでは!

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません