5分でわかるIoT【スマートスピーカー x スマートリモコン編】

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b


こんばんは! IoTアドバイザの管理人ケイです(^^)v

スマートスピーカー売り場で、「家電を操作できるスマートリモコン」という文字を見かけるけど、いったいどんなものなんだろう? イメージがつかない……という人はいませんか?

というかほとんどの人が『なんなの?スマートリモコンて?』という状態だと思います。

ということで、今日は、家で、スマートスピーカーとスマートリモコンを使って、家電を動かす時の仕組みを、図解で説明してみます。

ちなみにスマートスピーカーもスマートリモコンもIoTを構成する機器の一つです。

ということもあり、IoTのイメージが、まだちょっと……という方は、先にこちらをご覧ください。

IoTが、どんな機器で物理的に構成されているのか? を「スマートスピーカーを使って音楽を聴く」場合を例にしながら、IoTアドバイザの管理人が説明します。頭を整理する時に利用してくださいね。

では、はじめます。

IoTデバイス センサー部



IoTデバイス センサー部に該当する機器は、スマートスピーカーになります。

Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーのマイクが、家電を操作する音声データを検知します。

音声データは、たとえば「エアコンつけて / 消して」「照明つけて / 消して」「テレビをつけて / 消して」などです。

そしてWiFiで、次のIoTゲートウェイとなるホームルーターへ渡します。

IoTゲートウェイ(送信)



IoTゲートウェイ(送信)に該当する機器は、ホームルーターになります。

スマートスピーカーからの「家電操作の音声データ」を、家庭内LANから、インターネット上にある「IoTサーバ」へ、送信します。

IoTサーバ


IoTサーバ(のハードウェア・ソフトウェア)は、「AIアシスタント」と「スマートリモコン サーバ」になります。

「家電操作の音声データ」を、「AIアシスタント」と「スマートリモコン サーバ」とが連動して、分析・処理します。

ここで「エアコンつけて」といった音声データが、「スマートリモコンで家電操作する命令データ」へ、変換されるイメージです。

「AIアシスタント」は、Google Homeの場合は「Googleアシスタント」、Amazon Echoの場合は「Amazon Alexa」になります。

「スマートリモコン サーバ」は、Nature Remoやラトックシステムなど、スマートリモコンをつくっているメーカー各社のサーバです。

「スマートリモコンで家電操作する命令データ」を「IoTゲートウェイ」経由で、スマートリモコンへ渡します。

IoTゲートウェイ(受信)



IoTゲートウェイ(送信)に該当する機器は、ホームルーターになります。

ホームルーターは、インターネット上にあるIoTサーバから「スマートリモコンで家電操作する命令データ」を受け取り、中継して、家庭内LAN上にあるスマートリモコンへ渡します。

IoTデバイス 駆動部



IoTデバイス 駆動部は、スマートリモコンになります。今日の主役ですね(^_^)

スマートリモコンは、IoTサーバでつくられた「スマートリモコンで家電操作する命令データ」に従って、実際に家電操作します。

エアコン・照明・テレビの電源ON/OFFだったり、エアコン温度・照明の明るさ・テレビチャンネル操作などを行います。

IoTアドバイザ?

IoTアドバイザ? という人もいるかと、、、というかそっちの方が多いですよね(^_^;)

IoTシステム技術検定の基礎に合格すると「IoTアドバイザ」を名乗ることができます。

2018年12月1日に行われた第5回 IoTシステム技術検定の基礎に無事合格しました。勉強方法・時間などをまとめておきます。参考にしてくださいね。

まとめ


ということで、5分でわかるIoT【スマートスピーカー x スマートリモコン編】は、いかがでしたか?

実は、今日ご紹介したのは、スマートリモコンの基本的な仕組みです。

他にも使い方があり、実際には管理人は、そちらの方が便利に感じています。

ということで、またいろいろ説明していきますね。

それでは!

おもしろい(^○^)! と思っていただけたら、また読みに来てくださいね。更新するパワーになります(^_^)b

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません